【初心者がAndroid Studio+kotlinで電卓アプリを作ってみる】第4回:二桁以上の計算編

kotlinで電卓アプリ作成

電卓アプリを作ってみるシリーズ一覧はこちらをクリック

今回のポイント

前回までは一桁+一桁の数字しか計算できなかったので二桁以上の計算が出来るようにする。

11とは

数字の11って11(いちいち)ではなく11(じゅういち)ですよね。
なので1ボタンを押した後また1ボタンを押したときに11(じゅういち)にします。
11(じゅういち)は1×10+1=11

処理を追加

現在1ボタンが押された時2ボタンが押された時3ボタンが押された時の処理は以下のようになっていますがそれを変えてみます。

この処理↓を

        // 1ボタンが押された時
        binding.buttonOne.setOnClickListener {
            valueForTempStorage = 1
            binding.textViewValuedisplay.text = "1"
        }

これに変更↓

        // 1ボタンが押された時
        binding.buttonOne.setOnClickListener {
           valueForTempStorage = valueForTempStorage * 10 + 1
           binding.textViewValuedisplay.text = valueForTempStorage.toString()
        }

続いて2ボタン、3ボタンもやってみます。

        // 1ボタンが押された時
        binding.buttonOne.setOnClickListener {
            valueForTempStorage = valueForTempStorage * 10 + 1
            binding.textViewValuedisplay.text = valueForTempStorage.toString()
        }
        // 2ボタンが押された時
        binding.buttonTwo.setOnClickListener {
            valueForTempStorage = valueForTempStorage * 10 + 2
            binding.textViewValuedisplay.text = valueForTempStorage.toString()
        }
        // 3ボタンが押された時
        binding.buttonThree.setOnClickListener {
            valueForTempStorage = valueForTempStorage * 10 + 3
            binding.textViewValuedisplay.text = valueForTempStorage.toString()
        }

こんな感じになりました。
実行したら二桁以上の計算が可能になりましたね。

コメント